So-net無料ブログ作成

テスト [P01G]

DCIM0062.jpgうまく送れるかな。、、

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

戦後70年なのに。、、 [政治]

──────
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H4O_V00C15A1PP8000/
防衛費、最高見通し 約4兆9800億円、3年連続増
2015/1/6 2:00

 2015年度予算編成で、防衛関係費が過去最高の4兆9800億円程度になる見通しになった。離島防衛や日米の防衛協力の拡大をにらんだ装備品を増強し、14年度から約2%増えるもよう。沖縄県の米軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事の本格化や、政府専用機の購入に約500億円を充てることも全体を押し上げる。

 米軍再編関連費を含む防衛関係費は、厳しい財政事情から02年度の4兆9557億円をピークにおおむね減少を続けてきた。12年12月に発足した第2次安倍内閣は中国の海洋進出に対応するため方針を転換。13年度は前年度比0.8%増の4兆7538億円、14年度は同2.8%増の4兆8848億円となった。

 15年度は4兆9800億円程度の見通しで、3年連続の増額は確実な情勢だ。中国が東シナ海で艦船や航空機による活動を拡大するほか、北朝鮮は核・ミサイル能力を高めており、防衛省は概算要求で5兆545億円を計上した。

 重視するのが南西地域の離島防衛を強化する装備品だ。警戒監視を強めるため、海上自衛隊の国産哨戒機P1を20機まとめて購入。離島への部隊投入能力を高める垂直離着陸輸送機オスプレイ5機、離島上陸作戦に使う水陸両用車30両、長時間の偵察が可能な無人偵察機グローバルホークも3機導入する。最新鋭ステルス戦闘機F35は6機を調達する。

 新たに建造するイージス艦には味方の艦船や航空機がつかんだ巡航ミサイルの位置情報を共有し、直ちに迎撃する新システムを搭載する。共同交戦能力と呼ばれ、迎撃の精度を高める。米艦を狙ったミサイルの情報を迅速に把握して提供することで、集団的自衛権行使の一例に挙がる米艦防護など日米の防衛協力の拡大にもつなげる。

 普天間基地の辺野古移設の本格化も増額要因になった。沖縄県の翁長雄志知事は移設反対の姿勢を崩していないが、政府は「辺野古移設が唯一の手段」(中谷元・防衛相)として、来夏にも埋め立て工事に踏み切る構え。辺野古移設を含む米軍再編経費は14年度の890億円から「15年度は1千億円を超えるのは確実だ」(防衛省幹部)としている。
──────

 防衛費が3年連続して増加し、過去最高の約4兆9800億円になる見通しだとか。、、

 讀賣新聞の一面トップに、――安倍首相は5日、三重県伊勢市で年頭の記者会見を行い、今年8月に発表する戦後70年の首相談話について、「先の大戦への反省、戦後の平和国家としての歩み、アジア太平洋地域や世界にどのような貢献をしていくのか、英知を結集して考え、書き込んでいく」と述べた。過去の反省を踏まえ、世界の平和と安定に積極的に貢献していく姿勢を打ち出す方針だ。――とあります。

 世界平和に積極的に貢献すると、どうして防衛費が過去最高になるのでしょうか。
 

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感