So-net無料ブログ作成

学校教育の構造的問題!?(その四) [社会]

──────
 学習させない教育システム!?

 しかし、家庭学習に取り組み努力する生徒も、早々に挫折することになります。学力向上を目指しても、自力では学力を回復できないと知るだけです。

 なぜならば、教科書には、「何を学習するのか」「どのような練習をするのか」等の必要な説明も、十分な練習課題もないからです。参考資料も教師の説明に役立つだけで、自主学習には役立ちません。教員は家庭学習するように言いますが、生徒は、学習に必要な説明資料も適切な学習課題も与えられていないのです。

 日本の子供達は、世界一、家庭学習をしないと言われています。しかし、その原因は、学校で最低限の基礎も訓練されておらず、学習の方法が指導されず、必要な学習教材が与えられていないためです。学校で学習したことを家で復習するのが家庭学習ですが、何を学習したのかも分らない者は、取り組みようもありません。家庭学習をしないのではなく、取り組めない仕組みになっています。現在の学校教育は、「学校が、勉強しない子供を作り出している」と言える程に腐敗しています。

 課題に挑戦し学力を身に付け、学習への自信と意欲を育てるのが教育ですから、現在の学校は、「授業は行っても教育は行っていない」と言える現実があります。

 「教師の話を良く聞いて真面目に学習すれば、良い学力が身につく」とは、親が子供に言い聞かせてきたことです。ところが、現在の破綻した教育システムでは、教師の指示や指導に従って取り組んでも、最低限の学力も身に付きません。

 コンピュータや映像機器を使い、活発に見える授業が行われていても、生徒は、アルファベットも書けず、分数計算もできないままに取り残されています。授業らしい雰囲気が作られ、教師と生徒の活発な応答があっても、基礎的な知識も技能も身に付いていません。

 英単語、歴史・地理用語、方程式、科学用語、漢字熟語など、生徒達が覚え理解すべきことは、毎日、増えてゆきます。しかし、基礎的な知識や訓練が不足した状態であるため、能力の高い生徒でも、最低限の学力すら身に付きません。小学校では、九十点、百点を取っていた生徒が、急に三十点や四十点の点数しか取れなくなるのは、学校の授業を受けるだけの学習では、基礎的学力も身に付かないためです。

 部活動に救われている生徒もいますが、夕刻遅くまで行われ、土日にも行われる活動が、時間と体力を奪っている面もあります。生徒の非行を防ぐための全員部活の方針が、学習時間の確保を困難にして、低学力からの脱出を難しくもしています。

 現在の日本の教育システムでは、学校に教育を期待することはできません。良い高校や大学に進学させたいと思えば、学校教育に期待せず、入学前から学習塾に行かせることが必要です。「学習塾にかける金額で学力が決まる」と言われるのは、学習塾無しには、学力が身につかない実態があるからです。

 ほとんどの子供は、良い指導があれば、高い学力を身に付けることができます。しかし、学校での基礎学習が不充分なため、学習塾等で個別の訓練や指導を受けることが、学力獲得に不可欠なのです。
──────

金環日食.JPG

 引用した文章に、
「部活動に救われている生徒もいますが、夕刻遅くまで行われ、土日にも行われる活動が、時間と体力を奪っている面もあります。生徒の非行を防ぐための全員部活の方針が、学習時間の確保を困難にして、低学力からの脱出を難しくもしています」
と、あります。

 これって、本末転倒の典型ではないかと思えてなりません。

 本来、部活動とは、勉学の妨げにならない範囲で、スポーツを通じて心身を鍛練したり、音楽や文学などの文化的な活動を通して、児童・生徒の情操教育を行うものだと思います。

 児童・生徒が非行に走るのを防ぐために、半ば強制的に部活動に参加させ、土日も部活で学校に縛り付けるなんて、教師にとっても負担ですし、児童・生徒から家庭学習をする時間と体力を奪うという面ではマイナスにしか働かないと私は思います。

 私の経験では、いくら土日に部活で学校に縛り付けても、部活の帰りにコンビニで万引き等の非行に走るケースは五万とあります。学校が休みの日は、保護者が子ども達の行動に責任を持つべきであり、教師は部活に付き合うよりも、授業の内容を少しでも改善するために心身を休めるようにすべきです。

 こんな本末転倒を続けていれば、子どもたちの学力も向上しないし、教師の負担も大きくて、本来の教育の質を高めることができないと私には思えてなりません。

(by 心如)

・・・

「おバカ教育」の構造―危険すぎる破綻教育の真実!

「おバカ教育」の構造―危険すぎる破綻教育の真実!

  • 作者: 阿吽 正望
  • 出版社/メーカー: 日新報道
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 単行本


nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 8

taro-u

同感です。子供の頃、予習をしろと言われやろうとしましたが、教科書では予習が出来ませんでした。どう理解するかの説明がどこにも書いてありませんでした。要するに学校へ行って先生から教われと言う教科書だったのです。それが書いてあったら学校へ行く必要が無くなるからでしょう。
by taro-u (2012-06-16 17:58) 

侘び助

学校教育もですが、国を動かす議員の
教育をⅰからし直さなければいけないのでは・・・
恥ずかしい人が多すぎますね。
by 侘び助 (2012-06-16 21:08) 

shira

 やっぱりこの本は20年くらい前の内容ですね。当時の学校は校内暴力を始め非行問題がすごく多かった。景気が良くてゼニはあるから、酒だタバコだ深夜徘徊だ売春(買う側の大人の金回りがよかった)と大変でした。で、特に中学はここへの対策として「生徒に遊ぶヒマを与えない」という作戦に出ました。それが部活の強化です。朝練習に放課後遅くまでの練習に土日の練習と、とにかく学校で体力を消耗させることで非行に向かうエネルギーを奪おうと。そんなバカなと思うかも知れませんが、非行の少ない「いい中学校」と世間から評価される学校はたいていそうでした。
by shira (2012-06-16 21:48) 

大将

本当に必要な学習ってなんだろうといつも思います
生きている限りすべてが学習
それを学生生活で何を学ぶと言うのでしょうね
そして何を教育すると言うのか
学校も先生も親もみな真剣にならなければ子供の学習なんて
意味があるんだろうか?と思います
by 大将 (2012-06-16 21:56) 

心如

taro-uさん、コメントを頂きありがとうございます
 最近の小学校や中学校の教科書は、ページ数が少ない割りに内容は濃いのではないかと思います。これって、自習には不向きではないかと感じます。私の時代は、もっと練習問題がたくさん載っていたような記憶があるのですが…
by 心如 (2012-06-17 12:16) 

心如

侘び助さん、コメントを頂きありがとうございます
 目先の損得に目が眩み、その恥かしい人を選んだ有権者にも問題があるという点を忘れてはいけないという気もしますが…
by 心如 (2012-06-17 12:17) 

心如

shiraさん、コメントを頂きありがとうございます
 20年前に実施された非行防止策が、いまだに尾を引いている学校もあるのではないかと思います。生徒の非行防止は親の責任であり、生徒の学力向上は教師の責任だという、ごく当たり前の話がどうして理解できないのかと感じることが多いのも事実です。
by 心如 (2012-06-17 12:21) 

心如

大将さん、コメントを頂きありがとうございます
 日本人なら、日本語の読み書きはできたほうが良いです。貨幣経済の中で生きて行くためには、四則演算や分数計算くらいはきちんとできないと… それ以外のことは、どういう仕事につきたいのかで変わってくるかもしれません。でも、「読み書きそろばん」ができないと困るというのはあると思いますが…
by 心如 (2012-06-17 12:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1